ワキガ

ワキガの原因と対策と治療方法

ワキの皮膚下には、アポクリン汗腺、皮脂腺、エクリン汗腺の3種類の分泌腺が存在します。
わきがの原因のひとつは、エクリン汗腺から出る汗によるもので、この汗は暑いときや、スポーツをした時などにかく汗で、人間の体内の温度調整に必要な汗です。特徴は、粘り気がなくさらっとしており99%は水なんですが、残りの1%が塩分の混じった汗になります。

 

汗そのものに臭いはなく無臭なのですが、これらの成分を皮膚の常在菌が取り込んで分解(混ざり合う)すると、わきが臭が発生します。色は乳白色で、汗じみや黄バミの原因になります。この汗が、わきがの原因になるものです皮脂腺とは、汗腺ではありません。
全身の皮膚に散布する腺組織で、皮脂腺は油脂成分を分泌します。皮脂が過剰に分泌されると、脂肪分は細菌のエサになります。そうすることで細菌が増殖…そこから臭いが出るとも言われています。

 

ワキガ用の消臭デオドラント商品でクリアネオというものがおすすめです。

 

クリアネオの詳細は他のブログで紹介されていますので参考までに。

 

>>クリアネオの口コミや効果と評判

 

アポクリン汗腺とエクリン線

※アポクリン汗腺…この汗腺はわきの下、耳の中、性器の周辺、乳首のまわりなど、特定の場所に集っているのが特徴(人間の体の中でじめっとした部分)。ここから出る汗はエクリン汗とは違い、粘り気があります。脂肪、色素、鉄分、蛍光物質、アンモニアなどからこの汗はできています。

 

※エクリン線…体内はいつもに汗と水分を分泌し、皮脂腺から出る皮脂などと混合することで、皮膚をしっとりとさせます。この汗をかいた後、皮膚は弱酸性に変化→そして皮膚の常在菌の繁殖を抑えているのです臭いの発生を防いでくれ汗こそが、エクリン汗です。

 

上記の図を見ても解るようにアポクリン線とエクリン線を交わることからわきから発生する匂いが発生することがわかります。
逆を言ってしまえばアポクリン線とエクリン線が交わるのを防ぐことによって、匂いの原因を抑えることもできるわけです。
わきが対策でも述べるように、わきがの対策は非常に重要なのです。

 

 

 

わきが対策

清潔を保つ
わきがは清潔に
やはり気になるのは匂いだと思います。
匂いを少しずつ減らしていくことから考えていきましょう。
方法は簡単です。と言うかこれしかないのでは…?答えは清潔を保つこと
実に単純で簡単な方法ですね。特に真夏などの暑い日には特に心がけたいものです。
特に汗をかいた時などにはTシャツをこまめに交換するのも良いかも知れないですね。
Tシャツなどの汗は乾くと、ばい菌が繁殖していきます。わきがが気になる方はこまめにTシャツを交換したほうが良いかも知れません。

 

古着は注意
わきがは清潔に
古着を買うときにも注意したほうが良いかも知れません。
古着は誰が着たものか判断が付きません。
古着の中には…元わきが…なんてことも少なくありません。
なので、わきがを気にするのであれば、古着もできるだけ避けた方がいいかも知れませんね。

 

香水やデオドラント
香水やデオドラントも注意が必要です。
特にデオドラントなどには、殺菌成分が含まれているものが多く
においを気にしすぎてデオドラントを使い過ぎると、さらにわきががひどくなるケースもあります。
対策も人それぞれ体にあった対策法を選ぶことが大切です。

 

 

わきが治療

手術療法


わきがの臭いの元となるアポクリン腺を取り除く、わきがの根本的な治療です。今のところわきがを根本的に治療するには、この方法がベストだと言われている。手術によって(病院によって)施術法は異なる

 

薬物療法


市販されている制汗薬や殺菌剤が含まれた種類の商品(デオドラントや汗拭きシートなど)を使い、わきがの臭いを予防する。薬を飲んで治療するわけではないので、一時的な効果が期待できますが、完全に治るわけではありません。わきがの症状が重度の方にはあまりお勧めできない治療方法と言えるであろう…と言うか期待しない方がいいかも知れませんね。

 

ボトックス療法


この治療法はボトックスを注入して、エクリン腺から出る汗を一時的に止めます。ボトックスとはプチ整形みたいなものでしわの手術などに使われる、軽度のわきがの方や、多汗症とわきがを併発している方に効果的な治療である。